岸和田・泉州障害年金相談事務所|岸和田・泉州を中心に介護福祉業界歴10年以上の社労士による、障害年金申請を行っております。

大阪・堺市西区で障害年金をお考えの方へ

大阪・堺市西区で障害年金を受給するための要件や請求手続方法について、相談を承っている、岸和田・泉州障害年金相談事務所障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

岸和田・泉州地域(岸和田市・堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・貝塚市・河内長野市・富田林市)で即日出張させていただいております。
兵庫県・奈良県・和歌山県の一部地域への出張訪問をさせていただきます。
大阪・堺市西区でのご相談は、即日出張させていただきます。

岸和田・泉州障害年金相談事務所が選ばれる3つの理由

1,安心してご相談いただける体制

外出が難しい方であっても、無料出張訪問させていただきます。また、ご自宅への訪問が難しいと思われる方は近隣で相談できる場所でも結構です。

2,完全無料でご相談させていただきます

何度も会わせていただき、依頼者と共に、依頼者がご納得される方法をご提案させていただきながら、進めさせていただきます。

3,どこよりも寄り添った相談をさせていただきます

当事務所では、介護福祉業界歴10年以上の障害年金専門の社労士がご本人とそのご家族の思いにしっかりと寄り添った支援をさせていただきます。

ご自身が、障害年金の障害認定基準に該当するかも?と思ったら、すぐにご相談ください!!

特に精神疾患の方は、

精神疾患(うつ病・統合失調症等)の障害年金申請は明確な 数値上の認定基準がないので、書類の文章表現が大きなポイント とになり、 重要になってきます。
ご依頼者様お一人おひとりは、精神疾患(うつ病・統合失調症等)という病気と本当に毎日がんばってたたかっておられると思います。
障害者デイサ-ビス、就労支援施設、障害者グル-プホ-ム、老人介護施設、認知症対応型グル-プホ-ムなど長年にわたり福祉介護業界で仕事を行ってきた経験を生かし 障害年金専門の社労士として少しでもご支援出来れば嬉しく思います。

大阪・堺市西区で障害年金をお考えの皆さんへ

堺市西区在住の方で、Ⅰ型糖尿病で、障害厚生年金3級を受給した事例

30代女性
事務員(パ-ト勤務)

相談内容

平成12年頃、体の倦怠感や体重の減少などの症状が出現し、病院を受診するに至る。診断の結果、Ⅰ型糖尿病と診断される。その後、間もなくインスリン治療も始める。血糖値のコントロ-ルも大変難しく、仕事中に無意識のうちに低血糖症状を起こしてしまうこともあり、日常生活に支障をきたしている状態です。

当事務所の支援内容

障害認定日請求を目標に手続を開始致しましたが、調査の結果、障害認定日頃のカルテは存在していましたが、血糖値やHbAlcの検査数値は保存されていましたが、Cペプチド値は計っていなかったことが判明する。その為、当時の主治医に、発生時から障害認定日前後までの病状の経過と、その当時の状態の意見書の作成を依頼し、作成してもらうことができ、提出書類と一緒に提出する。

結果

障害厚生年金 3級を受給することができました。
遡及一時金  約321万円
年金額    約58万円 

堺市西区在住の方で、双極性障害で障害厚生年金2級を受給できた事例

40代 女性
事務員

相談内容

事務仕事を行っていたが、会社の業績不振により廃業の話が出るようになり、なんとか仕事を続けたいとの思いもあり、努力を重ねる。平成30年頃より将来に対しての不安から体調を崩し、疲れ果てて無気力状態になる。その後心療内科を受診するも体調の回復はなく、事業所は閉鎖となり、離職することになる。食欲はなく、外出も家族の支援が必要な状態で、メニエ-ル病も併発し、家族の全面的な支援が必要な状態となっている。

当事務所の支援内容

当事務所へ相談に来られた時は、まだ心療内科や精神科を受診しておらず、どこのクリニックも通院していない状況であった。症状や日常生活の状態から考えると、障害年金を受給できる状態であると判断し、障害年金制度を説明させていただき、通院を勧めさせていただきました。障害認定日は1年6ヶ月後であるために、その間継続して定期的な面談やサポ-トをさせていただき、1年6ヶ月後に診断書作成の依頼をし、申請書類を提出する。

結果

障害厚生年金 2級を受給することができました。
年金額    約181万円

堺市西区在住の方で、大腸癌で障害基礎年金2級を受給できた事例

40代 女性
無職

相談内容

市民健診にて、大腸癌の疑いがあるとの結果にて、病院で大腸内視鏡検査を実施した結果、大腸癌と診断される。その後手術を実施したが、肝臓にも転移が見つかる。術後は抗がん剤の副作用がひどく、吐き気や嘔吐、食欲不振、術後の足のしびれ等の影響にて歩行が不自由になる。また、体力も減退し、1日中横になっている状態が続き、外出も家族の支援が不可欠になる。

当事務所の支援内容

状態をできるだけ詳細に診断書に書き込んでいただくことが最大のポイントと考え、その他の障害用の診断書を医師に記載を依頼する前に、一般状態区分の状況や自覚症状、日常生活活動能力や労働の能力を詳細に依頼者から聞き取り、書面にまとめ、診断書に添付し、医師に依頼をする。

結果

障害基礎年金 2級を受給することができました。
年金額    約78万円

障害年金専門の社労士に依頼するメリット

障害年金専門社労士
メリット1
障害年金申請は文章表現が重要になってくるために、障害年金専門の社労士が今までの経験を生かし、作業がスム-ズに進むように、お手伝いさせていただきます。
メリット2
お医者様に、診断書を作成していただく際には、できるだけ今の生活状況を正確にお伝えできるようにご支援させていただきます。
細かく相談にのってくれます
申請書の作成
メリット3
診断書に沿った病歴・就労状況申立書を作成させていただきます。障害年金不支給にできるだけならないように、 日常生活にどの程度不自由をきたしているかを正確に伝わるようにご支援させていただきます。
メリット4
ご依頼者様からのヒアリングが大変重要になってきますが、今の疾病の状態をみながら、ご依頼者様に寄り添うかたちで、作業を進めさせていただきます。
障害年金専門専門社労士の相談
カウンセリング
メリット5
当センタ-には、専門のカウンセラ-が常駐し、こころのサポ-トをさせていただきます。

障害年金専門社労士

ページの先頭へ