岸和田・泉州障害年金相談事務所|岸和田・泉州を中心に介護福祉業界歴10年以上の社労士による、障害年金申請を行っております。

大阪・泉大津市で障害年金をお考えの方へ

大阪・泉大津市で障害年金を受給するための要件や請求手続方法について、相談を承っている、岸和田・泉州障害年金相談事務所障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

岸和田・泉州地域(岸和田市・堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・貝塚市・河内長野市・富田林市)で即日出張させていただいております。
兵庫県・奈良県・和歌山県の一部地域への出張訪問をさせていただきます。
大阪・泉大津市でのご相談は、即日出張させていただきます。

岸和田・泉州障害年金相談事務所が選ばれる3つの理由

1,安心してご相談いただける体制

外出が難しい方であっても、無料出張訪問させていただきます。また、ご自宅への訪問が難しいと思われる方は近隣で相談できる場所でも結構です。

2,完全無料でご相談させていただきます

何度も会わせていただき、依頼者と共に、依頼者がご納得される方法をご提案させていただきながら、進めさせていただきます。

3,どこよりも寄り添った相談をさせていただきます

当事務所では、介護福祉業界歴10年以上の障害年金専門の社労士がご本人とそのご家族の思いにしっかりと寄り添った支援をさせていただきます。

ご自身が、障害年金の障害認定基準に該当するかも?と思ったら、すぐにご相談ください!!

特に精神疾患の方は、

精神疾患(うつ病・統合失調症等)の障害年金申請は明確な数値上の認定基準がないので、書類の文章表現が大きなポイント とになり、重要になってきます。
ご依頼者様お一人おひとりは、精神疾患(うつ病・統合失調症等)という病気と本当に毎日がんばってたたかっておられると思います。
障害者デイサ-ビス、就労支援施設、障害者グル-プホ-ム、老人介護施設、認知症対応型グル-プホ-ムなど長年にわたり福祉介護業界で仕事を行ってきた経験を生かし 障害年金専門の社労士として少しでもご支援出来れば嬉しく思います。

大阪・泉大津市で障害年金をお考えの皆さんへ

脳梗塞を発症し、認知機能障害や高次脳機能障害が強く残存し、障害年金1級を受給した事例

40代女性
自宅療養中

相談内容

平成25年頃、脳梗塞を発症し、重度の認知機能障害や高次脳機能障害が強く残ることになる。その後、更に髄膜腫の増大を認め、開頭腫瘍摘出手術を受ける。術後は更に認知機能障害・記憶障害・高次脳機能障害が悪化し、生活全般において家族の全面的な支援がないと一人では生活できないような状況になり、当事務所にご相談くださいました。

当事務所の支援内容

主治医には、脳梗塞や髄膜腫のための開頭腫瘍摘出手術による、高次脳機能機能障害が強く残存しているという診断書を書いて頂く事になりました。 日常生活においても全面的に家族の支援が必要であることも、細かく診断書に書き込んでいただきました。また、遡及請求も行いました。

結果

遡及請求も認められ、遡及分一時金として受給することができました。
ご家族様から大変喜んでいただけました。
障害基礎年金 1級を受給することができました。
遡及一時金  約420万円
年金額    約97万円

泉大津市在住の方で、うつ病を発症し、障害厚生年金2級を受給した事例

50代男性
会社員

相談内容

他の病気の手術後に、不眠やめまいが発生する。職場に復帰し、正社員として勤務を続けたが、手術の影響により、将来に対する不安や燃え尽きた気持ちが強くなり、食欲不振、不眠、倦怠感などのうつ症状が出現するようになる。その後、体調は戻らず会社の配慮も受け、単純作業や軽作業に配置転換をしてもらうようになる。体調は更に悪化し、人混みを避けて通勤時間帯も早めて出勤するなど、無理やり出社している様な状態であった。

当事務所の支援内容

当事務所に相談に来られた時は、出勤しているような状態が続いていました。日常生活の状態や、出勤したときの様子、会社からの配慮の内容、仕事内容等、十分にヒアリングをさせていただいた結果、仕事は継続しているが、会社の周りの多くの支援や家庭での家族の多くの支援が必要な状態であったため、障害年金は受給できるのではないかと判断する。また遡及請求(認定日請求)も可能と判断し、申請するに至る。

結果

障害厚生年金  2級を受給することができました。
遡及一時金   約200万円
年金額     約200万円

泉大津市在住の方で、うつ病を発症し、障害厚生年金2級を受給した事例

40代女性
自宅療養中

相談内容

新卒後、勤務先の先輩からの嫌がらせが始まる。周りの同僚達も、その先輩には何も言えない雰囲気であった。なんとか勤務を継続していたが、次第に出勤するのが辛くなる。この様なことから、憂うつ気分が増大し、心療内科を受診する。その後退職し、気持ちも落ち着きを取り戻す。再度就職するが、転職先での業務中の車での事故処理をめぐり、会社との交渉が上手く行かず、心身共に疲れ果てて、再び抑うつ状態が出現し食欲低下、体重の減少、体の倦怠感などの症状で、再度心療内科を受診する。

当事務所の支援内容

日常生活の状態を詳しく聞くと、障害認定基準に該当していると判断したが、ご本人は状態が悪く、主治医には今の状態を上手く話せていないと感じたため、受診時に今の日常生活の状態をメモして主治医に渡す様に勧める。その後、診断書はしっかり記載して頂くことが出来ました。

結果

障害厚生年金  2級を受給することができました。
年金額     約128万円

てんかんを発症し、障害基礎生年金2級を受給した事例

30代男性
無職

相談内容

幼少期は、発熱の時のみ熱性痙攣を起こしていましたが、中学生の頃より発熱時と関係なく、痙攣が発生したために、病院へ通院した結果、てんかんと診断される。その後、意識を失い転倒する発作が、月1回程度、行為が途中で途絶える発作が週に2回程度発症するようになる。頭痛は毎日あり、てんかんがいつ発生するかわからない状態なので、1人での外出も出来ず、家に引きこもり、就労歴もなく、他人とのコミュニケ-ションもなく、社会的に孤立しているような状態で、将来の不安を抱えて、ご家族様よりご相談を受ける。

当事務所の支援内容

発症した時期が約18年前で、受診状況等証明書が取れるかどうか心配でしたが、幸い病院にて証明書を書いてもらえる事が出来ました。認定日請求は残念ながら、カルテが残っていなかったのできませんでしたが、事後重症請求に切り替えて、過去からのてんかんの発生頻度や、てんかん発生時の状況、日常生活の状況などを、まとめた書類を作成し、主治医に渡してもらうことにしました。

結果

障害基礎年金   2級 
年金額     約78万円を受給することができました。

泉大津市在住の方で、知的障害お持ちの方が、療育手帳B2では障害年金を申請できないと思われていましたが、改めて申請した結果、障害基礎生年金2級を受給した事例

40代男性
アルバイト勤務

相談内容

他人との意思疎通が苦手で、他人とのコミュニケ-ションも上手くできなかった。令和2年頃から、職場での電話対応が出来ず、パニックになり同僚に慌てて変わってもらう事が多くなり、不眠や憂鬱気分が増大し、通院を開始する。職場では、周りの人に多くの支援を受けており、体がしんどいと時は、出勤するだけでも良いと言われています。帰宅後はいつも疲弊しており、家族の支援を受けている様な状況が続いていました。過去に障害年金を検討したこともあったが、療育手帳のB2では、受給できないと思って現在に至る。

当事務所の支援内容

当事務所において、療育手帳がB2なので障害年金を受給できないことはない事を説明すると、大変驚かれて、改めて障害年金申請をしたいというご希望でした。詳しくヒアリング作業を始め、担当の主治医が診断書を書いてくれるかどうかの確認作業等を行い、面談は何度も行い、慎重に手続きを行いました。

結果

障害基礎年金   2級
年金額 約78万円を受給することができました。ご家族様には大変喜んでいただきました。

泉大津市在住の方で、統合失調症を発症し、障害基礎生年金2級を受給した事例

30代男性
就労支援施設B型へ通所中

相談内容

大学生の頃より、次第に昼夜逆転の生活になり、生活リズムが崩れ、物事に対する集中力がなくなり、人の話が頭に入ってこない、文字を読んでも理解できない等の症状が出現するようになる。眠気や不安・焦燥感などで息苦しくなる事もあり、次第に他人との接触を避け、家に引きこもるようになる。その後、就労支援施設B型に通所するようになったが、人との話は集中しても20分程度でしか出来ないような状態で、就労経験もなく日常生活を送る上で、家族の全面的な支援が不可欠な状態で、将来の事を思いご家族さんからご相談いただきました。

当事務所の支援内容

当事務所に相談に来られるまでは、障害年金の制度を御存じなく、障害年金の制度からご説明させていただきました。通院している病院はずっと同じ病院で、症状をヒアリングさせていただきましたが、統合失調症の症状が長期に渡っていたので遡及請求が可能と判断し申請をする。

結果

障害基礎年金2級 
遡及一時金    約390万円
年金額      約78万円を受給することができました。

障害年金専門の社労士に依頼するメリット

障害年金専門社労士
メリット1
障害年金申請は文章表現が重要になってくるために、障害年金専門の社労士が今までの経験を生かし、作業がスム-ズに進むように、お手伝いさせていただきます。
メリット2
お医者様に、診断書を作成していただく際には、できるだけ今の生活状況を正確にお伝えできるようにご支援させていただきます。
細かく相談にのってくれます
申請書の作成
メリット3
診断書に沿った病歴・就労状況申立書を作成させていただきます。障害年金不支給にできるだけならないように、 日常生活にどの程度不自由をきたしているかを正確に伝わるようにご支援させていただきます。
メリット4
ご依頼者様からのヒアリングが大変重要になってきますが、今の疾病の状態をみながら、ご依頼者様に寄り添うかたちで、作業を進めさせていただきます。
障害年金専門専門社労士の相談
カウンセリング
メリット5
当センタ-には、専門のカウンセラ-が常駐し、こころのサポ-トをさせていただきます。

障害年金専門社労士

ページの先頭へ