岸和田・泉州障害年金相談事務所|岸和田・泉州を中心に介護福祉業界歴10年以上の社労士による、障害年金申請を行っております。

大阪・和泉市で障害年金をお考えの方へ

大阪・和泉市で障害年金を受給するための要件や請求手続方法について、相談を承っている、岸和田・泉州障害年金相談事務所障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

岸和田・泉州地域(岸和田市・堺市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・貝塚市・河内長野市・富田林市)で即日出張させていただいております。
兵庫県・奈良県・和歌山県の一部地域への出張訪問をさせていただきます。
大阪・和泉市でのご相談は、即日出張させていただきます。

岸和田・泉州障害年金相談事務所が選ばれる3つの理由

1,安心してご相談いただける体制

外出が難しい方であっても、無料出張訪問させていただきます。また、ご自宅への訪問が難しいと思われる方は近隣で相談できる場所でも結構です。

2,完全無料でご相談させていただきます

何度も会わせていただき、依頼者と共に、依頼者がご納得される方法をご提案させていただきながら、進めさせていただきます。

3,どこよりも寄り添った相談をさせていただきます

当事務所では、介護福祉業界歴10年以上の障害年金専門の社労士がご本人とそのご家族の思いにしっかりと寄り添った支援をさせていただきます。

ご自身が、障害年金の障害認定基準に該当するかも?と思ったら、すぐにご相談ください!!

特に精神疾患の方は、

精神疾患(うつ病・統合失調症等)の障害年金申請は明確な数値上の認定基準がないので、書類の文章表現が大きなポイント とになり、重要になってきます。
ご依頼者様お一人おひとりは、精神疾患(うつ病・統合失調症等)という病気と本当に毎日がんばってたたかっておられると思います。
障害者デイサ-ビス、就労支援施設、障害者グル-プホ-ム、老人介護施設、認知症対応型グル-プホ-ムなど長年にわたり福祉介護業界で仕事を行ってきた経験を生かし 障害年金専門の社労士として少しでもご支援出来れば嬉しく思います。

大阪・和泉市で障害年金をお考えの皆さんへ

ご自身で一度、障害年金を申請したが、不支給となり、その後状態が悪くなり障害厚生年金3級を受給した事例

40代男性
就労支援施設A型に通所中

相談内容

平成21年に職場内の人間関係や仕事の責任感からうつ病を発症する。平成24年頃にご自身で障害年金を申請するが、不支給決定を受ける。その後、就労支援施設A型に通所をする。障害年金の申請については諦めていました。 うつ状態も長く続いていたので、平成30年頃、再度障害年金の申請をしようと決心し、当事務所にご相談くださいました。

当事務所の支援内容

過去に、ご自身で障害年金申請時の控えをとっておらず、不支給になった原因を確認するために、まず年金事務所に開示請求を行うところから手続きを始める。 主治医に対しては、現在の日常生活の状態と病状を伝えもれのないようにメモに書き留め、受診時ごとに説明を行いました。

結果

障害厚生年金3級を受給することができました。一度は諦めていたので、ご家族様から大変喜んでいただけました。
障害厚生年金3級   遡及一時金 約372万円
障害厚生年金3級   年金額  約58万円

和泉市在住の方で、Ⅰ糖尿病で状態が悪くなり障害厚生年金3級を受給した事例

40代男性
会社員

相談内容

平成25年会社の健康診断を受けた結果、糖尿病と告げられ、通院を勧められ、通院を開始する。3年後、体重がどんどん減少し、倦怠感・発汗・気分が悪くなる等の症状が頻繁に見られるようになる。薬の調整で経過観察していたが、その後血糖値のコントロ-ルが不良の為、インスリン治療を開始することとなる。血糖値のコントロ-ルは依然と難しく、低血糖症状が出ることもあり、食事管理や体調管理など家族の支援が必要な状態になる。現在はできるだけ、体力を使わないような事務作業に変更してもらい、就労は継続できている状態です。

当事務所の支援内容

日常生活の状況から考えて、就労に支障をきたしている事や、インスリン治療を継続していること、血糖値のコントロ-ルが難しい状態であったことは理解できましたが、毎月、検査を実施していたが、検査をする時によって、障害認定基準を上回るときもあれば、下回る時もあり、一定でない状態であった。この様なことから、主治医に糖尿病の障害認定基準を説明し、診断書を作成して頂く事になりました。

結果

障害厚生年金 3級を受給することができました。
年金額     約58万円

和泉市在住の方で、発達障害で双極性障害を併発し障害基礎年金2級を受給した事例

20代女性
無職

相談内容

小学校の頃は、じっとしていることが苦手で、常に歩き回ったり、忘れ物は多く集中したり、他人の話を記憶する事が難しかった。中学校に入ると他人と話そうとすると緊張し、自分の話を上手く相手に伝えることができず、体が動かなくなった。現在は双極性障害も併発し、食欲もなく不眠状態が続き、他人とのコミュニケ-ションは全くできず、通院時も自分で話すことができず、家族の付き添いが不可欠な状態です。日常生活を送る上で全面的な家族の支援が必要な状態です。

当事務所の支援内容

当事務所に相談があった時は、転居のために約1年以上通院を中止している状況であった。そのため、再度、近医の受診を勧める。また、当事務所において、幼少期から現在までの病歴経過をあらかじめ作成し、今までの経過を詳しく伝えれるように、転院先のクリニックでの初診時の時に渡す様に勧める。約3ヶ月後診断書を作成していただき、障害年金の書類一式を提出する。

結果

障害基礎年金 2級を受給することができました。
年金額     約78万円

和泉市在住の方で、妄想型統合失調症で障害基礎年金2級を受給した事例

20代女性
就労支援室B型へ通所中

相談内容

小学生の頃より、マスクを外せなくなり、学校での給食も食べれなくなる。中学校へ入学後、次第に不登校になり、部屋に引きこもる生活が続くようになり、他人との接触を遮断し、自宅のベランダから飛び降りようとしたり、リストカットなど自傷行為を繰り返す。現在は入退医院を繰り返す状態で、日常生活を送る上で母親の全面的な支援が必要な状況であり、就労支援施設B型へ通所しているが、将来の事を心配してお母さんが当事務所のHPをご覧になり、精神障害に強い事を知られてご相談してこられました。

当事務所の支援内容

上記の様な症状や日常生活の状況ではあったが、あまり病院に伝わっていない様子で、それほど支援が必要でないのではないかと、誤解されているような状況であると感じたため、何度もお母さんと面談し、ヒアリングを繰り返し行い、その内容を受診毎に、前回受診から今回受診までの間で起こった出来事や症状の変化等をしっかり伝えてもらうようにしました。

結果

障害基礎年金 2級
年金額 約78万円 を受給することができました。大変ご家族様に喜んでいただきました。

和泉市在住の方で、器質性精神障害で障害厚生年金1級を受給した事例

50代男性
就労支援室B型へ通所中 

相談内容

平成30年頃に、右大脳動脈瘤破裂により救急搬送され、なんとか一命を取りとどめる。リハビリ等を経て、退院するが、記憶が出来ない、感情のコントロ-ルができない、他人に対し暴言や暴力行為等の症状が出現する。暴言や暴力行為をするときは、本人はいつも記憶がなく、薬を飲んで落ち着きを取り戻す状態であった。もちろん、日常生活は家族の全面的な支援がなければ、成り立たない様な状況で、現在は就労支援施設へ通所中で、障害年金の申請をご検討されて、当事務所へご相談をいただきました。

当事務所の支援内容

上記の様な症状なので、しっかりと伝える事で障害年金は受給可能でし、状態を考えると1級程度の障害ではないかと判断しました。就労支援施設での通所中の状況や自宅での日常生活の状況を、施設の職員さんや家族さんから詳しくヒアリングを行い、日常の生活状況や行動や症状等を主治医に詳しく伝える。

結果

障害厚生年金 1級
年金額 約200万円 を受給することができました。大変ご家族様に喜んでいただきました。

和泉市在住の方で、うつ病が悪化し障害基礎年金2級を受給した事例

40代女性

相談内容

約10年前、母親の常時介護が必要な状態になる。実家の清掃や買い物と自宅の片付けや清掃が重なり、体力的に疲弊しつつあった。また、子供さんがいらっしゃいましたが、発達障害があり、療育教室に通わせる日々が続き、心身ともに疲れ果てて、このしんどさから逃れたいと思うようになる。その後、うつ病を発症し、他人とのコミュニケ-ションも遮断し、毎日多くの時間を自宅にて横になり、夫に日常生活のほとんどを行ってもらわないと行けないような状況となった。

当事務所の支援内容

日常生活の状況から考えて、上記の様な日常生活で就労も出来ないような状態なので、障害年金は受給できると判断しました。ご本人は、受診時にご自身の状態を上手く伝えられていなかったために、現在の日常生活の状況を詳しく書面にてまとめ、診断書と一緒に主治医に渡す。

結果

障害基礎年金 2級
年金額    約123万円 を受給することができました。

障害年金専門の社労士に依頼するメリット

障害年金専門社労士
メリット1
障害年金申請は文章表現が重要になってくるために、障害年金専門の社労士が今までの経験を生かし、作業がスム-ズに進むように、お手伝いさせていただきます。
メリット2
お医者様に、診断書を作成していただく際には、できるだけ今の生活状況を正確にお伝えできるようにご支援させていただきます。
細かく相談にのってくれます
申請書の作成
メリット3
診断書に沿った病歴・就労状況申立書を作成させていただきます。障害年金不支給にできるだけならないように、 日常生活にどの程度不自由をきたしているかを正確に伝わるようにご支援させていただきます。
メリット4
ご依頼者様からのヒアリングが大変重要になってきますが、今の疾病の状態をみながら、ご依頼者様に寄り添うかたちで、作業を進めさせていただきます。
障害年金専門専門社労士の相談
カウンセリング
メリット5
当センタ-には、専門のカウンセラ-が常駐し、こころのサポ-トをさせていただきます。

障害年金専門社労士

ページの先頭へ