大阪・泉北障害年金相談センター|大阪・泉北を中心に介護福祉業界歴10年以上の社労士による、障害年金申請

うつ病で苦しむなら障害年金の申請を

うつ病とは?

うつ病とは、あなたの気持ち、あなたの考え方、行動の仕方に悪影響を与える一般的で重大な障害です。
うつ病は、悲しみの感情や、かつて楽しんでいた行動に対する関心の喪失を引き起こすことが多く、精神的および身体的なさまざまな問題につながり、職場や家庭における行動力を低下させる可能性があります。

心をむしばむうつ病

自分には無関係と思っていても、心をむしばまれ、うつ病になってしまう可能性は誰でも持っています。社会問題として取り上げられますが、簡単にいえば気分障害といえる状態です。
どんな人でも、気持ちには浮き沈みがあり、この浮き沈みの波の大きさは、人それぞれ違います。ところが、だんだんとサイクルが狂い始め、回復できない状態になったのがうつ病です。大阪でも多くの人が悩んでいる病気の一つになりました。
大別すると、うつ病は二つの症状に分類できます。【精神症状】と【身体症状】ですが、気分的な状態と肉体的変化と言い換えればわかりやすいでしょう。

区 分 症 状
【精神症状】 精神的に不安感が付きまとい、イライラから落ち着かない。
【身体症状】 頭痛が続いたり、動悸が激しくなったり、食欲もなくなって寝ることができないというのが一般的。
特に睡眠障害は代表的な症状として知られている。ただし、これらの症状はうつ病でなくても起きることであり、病気と判断するのは難しい可能性もある。
実際に精神症状と身体症状は誰にでも起きることで、自然と回復できるなら軽症です。気分転換で戻せるなら、早めに取り組んでいかなければなりません。
これが決断力に支障が出るようになり、仕事もうまくいかずに弱気になるといったところまでくれば、病院に行って相談するべきです。そのままにして状態が悪化すれば、回復にもっと時間を要します。うつ病は、多くの人が苦しむ病気がとして認識されるようになりました。今や病院に相談するのは、珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。

メカニズムと治療

うつ病の発生のメカニズムは、かなり解明されてきています。
大阪を含めどこででも誰にでも起こる可能性のある病気で、真面目で几帳面、責任感が強いといった人に起こりやすいのが特徴です。人間の心は、負担がかかるととにかく発散して解消しようとします。この発散がうまくいかなくなると、負担が許容量を超えてしまい、発症してしまうのがうつ病です。
心にかかるプレッシャーに対して、人間はとにかく対応していこうと考えます。これが引き金になり、対処できなくなって、気分がどんどんと落ち込むことがうつ病の症状です。
発病したら、病院で診察を受けて、休暇をとりながら治療を開始します。服薬もしていくことでだんだんと回復しますが、この段階で中途半端に仕事に復帰してはいけません。家事に関しても同じです。気分がいいから仕事に戻るといっても、また大きく落ち込むときがきます。この波の大きさが問題になるため、根気よく治療を続けていくことが大切です。焦らずに専念しなければならないため、仕事に復帰するまでには時間がかかります。
治療方法は休息をとることですが、軽度であれば時間とともに自然回復します。ところが、重度になると自然には回復できません。励まされるだけで落ち込むようなことが起き、薬物療法を含めて対処していかなければなりません。とにかくストレスの軽減が必要で、長いスパンで見ていく必要があるでしょう。 また、薬は途中でやめてはいけません。治ったと思い込むことが危険で、実際には完治していないからです。処方された薬は適正量を守り、長期的な視野で治療していくことが回復への近道です。

社会保険労務士を使って障害年金の申請

うつ病を発症すると、さまざまな面に影響が出てきます。
仕事がうまくいかないというのもその一つです。病院で診察を受けなければなりませんし、薬代も必要です。病気を治す間に、どうしても経済的に不安な状況になるでしょう。うつ病は仕事をすれば改善するわけではありません。無理に働けば悪化させてしまうことのほうが多いため、負のスパイラルから抜け出せなくなります。
経済的な負担を軽減するため、精神疾患による障害年金の受給も検討するべきです。
受給される為の条件(要件)は以下の三つです。

要 件 内 容
1.【初診日要件】 診察の事実を証明する。
2.【保険料納付要件】 年金を一定額以上納めているかどうかが審査される。
3.【障害状態要件】 医師の判断をもとに作成たされた診断書が大きい。
うつ病として大阪でも認定される等級は、ほとんどが仕事をするのが難しい状態となる2級になります。軽度で短時間の軽作業ができる状態なら3級の範囲です。受給金額は等級で違いますが、国民保険に加入しているか、厚生年金保険に加入しているかでも金額は異なります。
こうした申請は、うつ病になってから自分で行うのは難しいでしょう。専門としている社会保険労務士事務所などに問い合わせて相談するのが大切です。自分で行かなくても問い合わせをすれば、自宅まで来てくれます。障害年金が受給できるかどうかの条件を調査してくれるため、自分でわからなくても問題はありません。自分ではできないような細かなところまで対応してくれます。
うつ病だと診断された場合はきちんと治療することが大切ですから、資金的にも治すための方法を考えていきましょう。

大阪・泉北地域で障害年金を受けるために、「障害年金の対象となる主な傷病は?」「障害年金を受けるためには」など、 障害年金についてご不明な場合は、大阪・泉北障害年金相談センターへ 直接(072-477-0017)お問い合わせください。
経験豊富な社労士がご相談させていただきます。

大阪・泉北障害年金相談センター

無料相談随時受け付け中

ページの先頭へ