うつ病でお困りの方へ

大阪・泉北でうつ病方や、うつ病のご家族の方が抱える以下のような悩みを
大阪・泉北障害年金相談センターでは介護・福祉業界に10年以上携わった障害年金専門の社労士が無料でご相談に応じております。

対応エリア 
大阪府全域・泉北地域(堺市・高石市・泉大津市・和泉市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・河内長野市・富田林市) 奈良県・和歌山県一部地域

うつ病の方やご家族の方が抱えるお悩み

  • 就職が決まらず、通院も継続しなければいけない経済的な不安のため、公的な経済支援を受けたい
  • 病状を抱えながら無理に就労し、悪化させてしまうことの不安
  • フルタイムで働きたいが、状態が悪く短時間の労働しかできなく、経済的な支援を受けたい
  • うつ病の病状がなかなか改善されず、長期間になってしまい経済的に苦しい
  • 焦って就労したが、やはり病気の状態が思わしくなく、仕事を辞めないといけなくなった
  • 全く働けない
  • 人とのコミュニケ-ションをとるのがつらい
このようなことでお悩みのうつ病の方は多いのではないでしょうか?
このようなうつ病の方やそのご家族の悩みを解決するのが障害年金です。

最新の受給事例

30代女性うつ病

30代 女性 無職 (病名:うつ病)
17年前、会社での仕事のトラブルが原因でうつ病を発症し、現在も一人では外出はできず、金銭管理も全て家族が行い、日常生活の多くは家族の援助が必要な状況である

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約120万円
遡及一時金 約600万円

 

30代男性統合失調症

30代 男性 無職 (病名:統合失調症)
仕事上のトラブルが原因で統合失調症になったが、数年間も精神疾患は障害年金の対象とは知らなかった。

障害厚生年金 2級が認定される
年金額 約120万円
遡及一時金 約270万円

 

20代女性うつ病

20代 女性 無職 (病名:うつ病)
精神疾患で障害年金を受給するには、
もっと重い症状でないともらえないと思っていました。

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約78万円
遡及一時金 約190万円

 

30代女うつ病

30代 女性 短時間正社員 (病名:うつ病)
正社員で働いていたが、体調を崩し約2年前から就業時間を約1/3に短縮して労働をしていました。少しでも働いていると障害年金はもらえないと思っていました。

障害厚生年金 3級が認定される
年金額 約60万円
遡及一時金 約120万円

 

30代男性統合失調症

30代 男性 就労支援施設に通所 (病名:統合失調症)
6年以上精神疾患を患っていましたが、障害年金制度を知らず今回初めて障害年金請求をしました。

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約78万円

 

40代女性自閉症スペクトラム

40代 女性 無職 (病名:軽度知的障害、自閉症スペクトラム症、うつ病)
幼少期から軽度知的障害があり、小中学校、高校時代にいじめを受け、成人してからも他人とのコミュニケ-ションがうまくできず、うつ病を発症する。食事、通院、コミュニケ-ション、清潔の保持等、家族の多くの援助を必要とする。

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約78万円

 

40代女性うつ病

40代 女性 無職 (病名:うつ病)
約4年前から、夫婦間の問題が原因で、抗うつ気分が発生する。食事は不規則になり、整理整頓ができなくなり公共の手続きもできなくなっている。

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約78万円

遡及一時金 約240万円

 

50代男性統合失調症

30代 男性 無職 (病名:統合失調症)
6年以上精神疾患を患っていましたが、障害年金制度を知らず今回初めて請求しました。
現在は社会復帰を目指し就労支援施設に通所中。

障害基礎年金 2級が認定される
年金額 約78万円

 

20代女性-無職

20代 女性 無職 (病名:統合失調症)
約3年前から、幻聴が聞こえてきたり、パニックになったりすることがしばしばあり、公共交通機関の利用も難しく、金銭管理も後見人に管理をしてもらっている。
現在、就労支援施設へ通所中。

障害基礎年金 2 級が認定される
年金額 約78万円

遡及一時金 約103万円

 

40代女性-無職

40代 女性 無職 (病名:うつ状態)
約15年前に、会社の人間関係がうまく行かず、仕事も多忙を極めていたためうつ状態になり、退職する。その後あまり状態も良くなかったが、社会復帰を目指し短時間のアルバイトを行っていた。結婚し出産後、不安やあせりが出現し、再び重度のうつ状になる。

障害厚生年金 2 級が認定される

年金額 約192万円

遡及一時金 約955万円

 

50代女性-うつ病-無職

50代 女性 無職 (病名:うつ病)
平成22年頃から、会社での人間関係のストレスからうつ病を発症。現在も家に引きこもり状態が続いており、家族の多くの援助が必要な状態です。

障害厚生年金 3 級が認定される

年金額 約58万円

遡及一時金 約233万円

私は障害年金を受給できますか?

次の3つ要件を満たせば受給できます。
  • 初診日要件
    病気やケガで初めて院に行った日を証明きる
  • 保険料納付要件
    一定額以上年金を納めていれ ばOK
  • 障害状態要件
    主治医の診断書を中心に判断される

イメージ

どの程度の障害なら受けられるの?

傷病により日常生活支障をきたしているときです
原則として傷病名は関係ありません

障害基礎年金は1級、 2級(3級はありません)、障害厚生年金は1級、2級、3級

入院

階段 会社
ベッド周辺が
活動範囲
家の中が
活動範囲
職場の援助のもと
就労できる
他人からの介助が
必要となります
仕事をすることは
難しい
短時間勤務や軽作業なら
可能です

いくらもらえますか?

  • 初診日において、国民年金に加入していた場合(20歳未満の初診を含む)

    1級

    障害基礎年金(974,125円+子の加算※)

    2級

    障害基礎年金(779,300円+子の加算※)
    ※子の加算2人迄:1人につき224,300円 / 3人以上:1人につき74,800円
  • 初診日において、厚生年金保険に加入していた場合(原則として65歳未満の診断)

    1級

    障害基礎年金(974,125円+子の加算※)
    +障害厚生年金(報酬比例の年金額×1.25+配偶者の加算☆)

    2級

    障害基礎年金(779,300円+子の加算※)
    +障害厚生年金(報酬比例の年金額+配偶者の加算☆)

    3級

    障害厚生年金(報酬比例の年金額)
    但し、(最低保障額584,500円)
    ☆配偶者の加算: 224,300円

 

ぜひ一度ご連絡ください。

無料相談受付中

ページの先頭へ