障害の状態が重くなったとき国民年金の場合の加入要件~障害年金基礎知識~

 障害の状態が重くなったとき国民年金の場合の加入要件

●事後重傷の障害年金

障害認定日に規定の障害の状態になかった人が、その他、その障害が悪化して障害等級2級以上(厚生年金保険は障害等級3級以上)の障害の状態になった場合には、65歳に達する日の前日までに請求すれば、請求月の翌月分から障害年金が支給されます。
なお、老齢基礎年金を繰り上げて受給している場合は、事後重症の請求はできません。

●はじめて2級以上による障害年金

障害認定日に障害等級1級・2級の障害状態になかった人が、65歳に達する日の前日までに、後発の障害と合わせて障害等級1級・2級以上の障害の状態になった場合には、本人の請求によりその翌月分から障害年金が支給されます(請求書の提出は65歳以降でもかまいません)。ただし、後発の障害(基準障害)において加入要件、保険料納付要件を満たす必要があります。

※すでに3級の障害年金を受けていても、後発の障害(基準障害)により障害等級1級・2級にに該当するようになった場合には、1級・2級の障害年金を請求することができます。

大阪・泉北地域で障害年金を受けるために、「障害の状態が重くなったとき国民年金の場合の加入要件」「障害年金を受けるためには」など、 障害年金についてご不明な場合は、大阪・泉北障害年金相談センターへ
直接(0120-966-343)お問い合わせください。
経験豊富な社労士がご相談させていただきます。

大阪・泉北障害年金相談センター

無料相談随時受け付け中

ページの先頭へ